勉強が続けられない原因を考えた。

英語の本

僕大学卒業してからも語学の勉強なんかはずっとやっていて、これからも継続して一生勉強したいとは思っているんですけど、最近なんかめっきり勉強時間が減ってしまってどうしたものかと思ってます。

まあ勉強っていうと受験なんかでいう勉強のような感じがしますけど、必ずしもああいう型にはまるものでもなく、ただの読書も勉強だと思ってるんで、まあ文芸的な活動とでもいったらいいのかな。

本が増えすぎて本棚買いますって言ってるけど積読ばっかりで全然読めてない笑

だからどうして最近勉強できないのか考えつつ、継続して勉強するために色々と考えをめぐらせてみます。

勉強ができない原因

原因その1 疲れてる

これが一番大きい原因だと思うんですけどね、疲れてるとほんとやる気でないです。

仕事終わって家帰ってベッドにごろーんでお菓子食べつつYoutube見るみたいなね。

僕お菓子とYoutubeでストレス溶かしてますからね笑 病気になる笑

なんだろうこう積極的に何か吸収するってものすごいエネルギーがいると思うんですけど、疲れてるときってなんかぼーっと何かを見たりしかできないというか。

勉強以外でも継続して何か続けるってすごくエネルギーがいることだと思うんですけど、そのためにはやっぱり身体面でも精神面でも体力気力が必要だなーと最近思いますね。

僕はガラスのハートなんで、精神的なほうはすぐ改善するの難しいけど体力づくりならできるかなあ。

原因その2 環境が整ってない

これは断捨離の記事でも書きましたけど、部屋がほんとゴミ屋敷かってくらい汚くて、活動できるスペースがほんのわずかしかないってのも原因だったと思います。

もうすぐ本棚届くので片付けます・・・

いや、ほんとに身動きもあんま取れないし動くと本の山が崩れるしどこに何があるかわからないしで、特に疲れてるとそういうのをどうにかしようとも思えないから普段から整頓しておくべきですね。僕そういう能力が著しく欠けてるんです。。。笑

原因その3 何がしたいのかはっきりしてない

いま僕は特定の何かひとつのことを勉強しているのではなくて色々な分野のことを広く学ぼうと思っているんですけど、なんにせよ目標をはっきりさせることは大事なのかなあと思います。

僕みたいに特に理由もなく勉強を続けていると勉強しても試験をうけるわけでもないし、成果をはっきりさせることもなくぼやあっとしたまんまなんですよね。

改善のために

なんか書いてて、疲れててやる気でないとか、しょうもないと思ってしまったけど(笑)、これが現実なんですよね。ほんと

家に帰って机に向かう気力があるかどうか、これがもうほとんどすべてですよね。

疲れにくい身体ってのもあると思うんですよね。シュヴァイツァー博士とか生まれつき身体が強かったらしい。

だからお菓子とかばっか食べてるとやっぱりよくないし、普段の生活から体調を整える必要はありますね。

それに今回の本棚の件もそうですけどやっぱり勉強できる環境を多少お金がかかっても整えるべきだと思いました。

机とか椅子とかによっても身体の負担とか読書効率とか変わりそうだし、あと室温とか環境音とか、集中できる環境づくりも人生単位で考えたら多少お金かけてでも整えるべきな気がする。

で、やっぱりなにか目標とかゴールをある程度具体的に決めておくってのも大事なのかなあ。なんかハウツー本とかに書いてありそうなことばっかだな笑

まあでも好きでやってる勉強って仕事とは違うし、期日とかを決めるのは何か大事なところがずれて行きそうだから、あんまりがっちり目標を決めるっていうよりは定期的にモチベーションあげてくようにしたほうがいい気がしてきた。

僕のばあい尊敬してる学者とか文学者の文章を読んでるとやる気でます笑

本棚が届いたらすこし整理して、これからの勉強計画を改めてたててみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA