本は好きだけど本棚の選び方はわからない。

カオス本サムネ

前回ダンボールとか諸々を処分してきたって話を書きましたが、今度は本棚を新しく調達しようというので、近くの家具屋なんかをまわってきました。

僕本は好きでたくさん持ってますけど本棚って買ったことがないので、勝手がまったくわからない。

本棚ってどう選ぶの?

ただいくつか店を回ってたくさん本棚をみているうちにちょっとだけ本棚のつくりに関して発見がありました。

僕が特に思ったのは

①収納したい本のサイズと本棚の各段のサイズ、その数

②戸がついているか

①の方が重要だと思いますけど、みていると文庫本サイズがたくさん収納できるけど大型の本が入れられないとか、逆にカラーボックスみたいにひとつひとつの部屋が大きくて、大きい本は置けるけど文庫本なんかが置きにくいとか、まあ色々なパターンがありました。

僕の場合大型の本も文庫本も半端なサイズの本もまんべんなくあるので、しかも数も多いので、そのへんカバーしてくれるものを選ぶ必要がありそうです。

②はなんで大事かというと、付いていると埃を被らないから笑

あと日焼けしにくってのはありますよね。

最近はネットで買うことが多いのかもしれないですけど、やっぱり実物はみた方がいいのかなあとも思いました。

もう注文しようと思っているので、品物が届いたらまた紹介します。

本ってどう整理するのがいいのかな

本が増えていって、一部床に積んであっても、ある程度のところまではどこに何があるかだいたい把握できてました。

でもあるところからだんだん把握できなくなってきた。途中まではジャンル判型で分類も一応していたのに、だんだん無秩序状態に。

僕のキャパシティを超えてしまったようだ笑

いや、実際ある数越えると把握しきれなくなってくるんじゃないかと思います。

把握するためにはよく整理しておく必要があると思うんですけど、冊数が多くなってくるとどう分けておくのがいいのかなかなか難しい。

たとえば僕は今までのところ文庫本、新書、大型、辞書とかそんな風にわけてましたけど、文庫本っていってもいろんなジャンルのものがあるし、判型でわけると内容の把握が困難になってくる・・・

かといって内容でわけると大きさがバラバラで整頓しにくい・・・

まあだからある程度判型で分ける必要はあると思うんですけど、それだけだと蔵書の把握ができなくなりそう。

なんか蔵書一覧をパソコンで管理するとかしたらいいのかな。データ打ち込むの途方もない作業になりそう笑 

そうだ、かろうじてあったダンボールという括りを失った今の無秩序の姿を一部お見せします笑

いや、ほんとカオスっていうのはこのことをいうんですよね。

で、本棚がきたらこのカオス状態の奥にある壁際に設置しようと思ってます。

これまたどかさないといけないと思ったらそれだけで疲れ果てますわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA