本屋でhontoというポイントカードをもらったので色々調べてみた。

hontoカードサムネ
今日は紙書籍でも電子書籍でもポイントがたまるhontoを紹介します。


⇨hontoのサイトへ

年が明けて文教堂で手帳を買ったら、

ポイントカードはお持ちですか?

と聞かれて、持っていないと答えると、

お作りいたしましょうか?

と店員さんがいうので、作ってもらうことにしました。

hontoってなに?

hontoカード

それで渡されたのがこのカード。

たしか文教堂って前は独自のスタンプカードみたいのがあって、何回も作ってもらった気がしますけど、結構な数のスタンプを押してもらわないといけなくて毎回期限切れにして結局一度も貯めきったことがなかったような。

じゃああの一個か二個スタンプを押してもらうだけで一向に効果を発揮しないポイントカードはなくなってしまったのかあ、とちょっと懐かしくなりました。

文教堂ではたまに買い物してるので、この新ポイントカードを今までもらってなかったのはたぶん単に作らなかっただけだと思うんですが、今回たまたま作ってみると何かちょっと面白いサービスになっていそうだったので、どういうものか調べてみることにしました。

今回渡されたのは現実世界にあるカードですが、ウェブサイト、スマホ用アプリもあるようで、hontoでは現実の書店で本を買っても、インターネット上で電子書籍を買ってもポイントが貯まるようです。

サービスを実施しているのは

リアル書店⇨Maruzen、ジュンク堂書店、文教堂、啓林堂書店

ネット書店⇨hontoのストア(上に貼ったリンク先です)

リアル書店っていう言葉ははじめてききましたが、現実の紙の書籍を売っている書店をこう呼ぶようです。

これまでは各書店がそれぞれ独自のポイントカードをもっているのが多かった気がしますが、何店舗か一緒に使えるカードがあるっていうのは客としては便利ですよね。

で貯まったポイントは買い物するときに使えます。

hontoアプリ

スマホ用アプリは↑のように2種類あって、内容は共通しているところが多いんですが、honto withのほうが蔵書管理をメインにしているみたいです。

購入するときにポイントカードを提示したり、サイトで買うと、自動的に蔵書が登録されます。

僕もみたら買った手帳が登録されてました笑

あとは近くのお店の在庫を確認したり、取り置き、取り寄せもできるみたいです。これは便利ですね〜

あといいなあと思ったのはアプリで無料の本っていうのがあってその部分を開くと試し読みできる本がずらずらでてきて、途中まで無料で読めます。

そして通販の機能もあって欲しい本はネットで注文できるようです。

登録するとポイントがもらえて、クーポンが使える

honto登録ポイント

手帳を買った時に一緒にこんな愉快なレシートをもらいました。

ポイントカードはネットで登録しないと使えないみたいなんですが、いま(2020年1月でした)登録すると50ポイントもらえるっていうので、即登録しました笑

hontoクーポン

しかもこんなのもついてました。500円になるクーポン

完全にhontoのコマーシャルにしてやられている・・・

まあ、これらは期間限定なんでしょうけどhontoに登録するとクーポンが色々もらえて、登録しているメールアドレスにもとどいたりします。

最近は実用・ビジネス書50%オフってのが届いてました。

僕は電子書籍はあんまり使ったことがなくて、初心者なんですが、スマホで蔵書管理ができるっていうのはすごい便利だと思いました。

気になる方はhontoぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA